ブログ

2013年5月11日

ほとんどのメーカーは、傾斜屋根の場合の勾配基準を2寸または2.5寸以上としていますが、ある販売会社は0.5寸の片流れ屋根に見積もりを出して設置可能とのこと。この会社は25年の発電量保証もしているメーカーのようですが、お客様にどのようにしたら保証を受けられるか説明を受けられたかお聞きしましたら、そんな説明はなかったとのこと。

私は、お客様に日本の大手メーカーの設置基準が正しいと思っています。売らんがためにお客様に将来のリスクについての危険性を説明せづに設置することは業界にとってマイナスです。

私は、お客様に将来雨漏れするから必ず補償等の確認をしておいたほうが良いとアドバスさせていただいた。

こんな販売メーカーがいることは残念です。気を付けましょう。

吉村長治